高速レスポンス特化型トレーニングとは?

高速レスポンス特化型トレーニングとは?

高速レスポンス特化型トレーニングは、RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)で提供されている英会話の訓練法です。

以前は、公式サイトに掲載されていた表現ですが、この記事の更新時点では掲載がなくなりました。

しかし、表現が変わっただけで、高速レスポンス特化型トレーニングと同様の訓練はありますので、詳しくご紹介します。

> RIZAP ENGLISH公式サイトで確認する

 

高速レスポンス特化型トレーニングとは?

高速レスポンス特化型トレーニングとは、RIZAP ENGLISHが提供している、英語の反応速度と処理速度を上げていくトレーニングです。

英語になれていない脳の場合、英語を聞いて日本語に変換してから、理解します。

しかし、トレーニングを積むことで、英語を聞いて英語で理解できるようにしていきます。

非英語脳

英語脳
出典:RIZAP ENGLISH

 

そのため、高速レスポンス特化型トレーニングとは、短期間で非英語脳を英語脳に変えるトレーニングと言えます。

RIZAP ENGLISHでは、基本的にトレーニング方法をしながら英会話学習を進めています。

関連記事:ライザップ英語の内容 3つの特徴・2つのコース

> RIZAP ENGLISH公式サイトで確認する

 

高速レスポンス特化型トレーニングの結果

実際に高速レスポンス特化型トレーニングをした受講生たちは、様々な結果が出ています。

例えば、RIZAP ENGLISHの受講生23人が2ヶ月トレーニングした結果、TOEICスコアが約140前後まで上がっています。

 

01 171215 RIZAP ENGLISH Tojyo 15sA

その他の事例は、別の記事にまとめていますし、公式サイトにも結果が掲載されています。

関連記事:ライザップ英語の評判は悪い?受講者23人のスコアと感想

> RIZAP ENGLISH公式サイトで確認する

 

そのため、RIZAP ENGLISHが提供している、高速レスポンス特化型トレーニングは、ある一定の効果があると言ってもよいでしょう。

トレーニング法以外のサポートや費用などの詳細は、公式サイトからご覧ください。